ランドナー製の自転車を高く売る為に必要な事を紹介


ランドナーという言葉は、もともとフランスが発祥のツーリング車のことで、フランス語の「ランドネ」(小旅行という意味)から来ていいると言われています。

そのため、ランドナー自転車はそのまま、旅をする自転車とも呼ばれます。

例えば、日帰りから2~3泊程度のキャンプ旅行などの目的で使用され、荷物やバッグ類をたくさん積み込めるような設計になっているのが特徴です。

このランドナー自転車に乗って、日本一周、世界一周という事へチャレンジする人も少なくありません。

それは、日本一周、世界一周というような過酷な旅であっても、壊れにくく信頼性が高い、かつ荷物を積み込める量が多いという事の裏付けとも言えます。

ランドナー自転車の移り変わり

クラシックなデザインが特徴で魅力でもあるランドナー自転車ですが、その時、その時の時代性にあわせてランドナー自転車の設計や思想、デザインにも少しづつ変化してきました。

昔で言えば、舗装していない所を通るという事も多かったのですが、昨今であれば、舗装された道が多いという事も含めて、タイヤの形状、サイズ、使用されている金属の種類なども変わってきています。

ロードバイクと比較すれば、現在のランドナー自転車もやや太めのタイヤだったり、無骨な部分などもありますが、昔から比べるとそれでもかなりスタイリッシュな感じへとランドナー自転車の作りは変わってきました。

ランドナー自転車のハンドルについて

ロードバイクで多く採用されているドロップハンドルをランドナーでも採用されている事が多いです。

ドロップハンドルが採用されている事が多い理由は、ランドナー自転車の使用用途からも納得できます。

長距離を移動するという事が多いランドナー自転車ですので、運転に関する身体への負荷を減らすという事も兼ねています。

そのため、周りを見ながら体を起こしてゆっくり走ったりなど、走行中に姿勢を変えやすくなっているのも、長距離旅で疲れにくくできているんです。

そして、かと思えば、
ハンドルの握り方によって深い前傾姿勢になって高速走行したりする事もできる為に、ドロップハンドルが採用されている場合が多いわけです。

また、サポーターやキャリアをハンドル部分に取り付けて、フロントにバッグを装着する事で積載量を増やすという使い方をされている方もいます。

多くの荷物を積みながら、長距離を走る事で、自転車自体に大きな負荷がかかる状態を考えて現在では、ランドナーのフレームの素材にはクロモリという素材が採用されることが多いようです。

ちなみに、クロモリとはクロムモリブデン鋼の略称で、頑丈なにも関わらず、しなやかな特徴がある金属素材です。

だから衝撃に強いという強度があるの、まさに長距離運転、多くの荷物を運ぶランドナー自転車にはうってつけの素材と言えます。

そして、ランドナーには舗装路でも快適に走ることと、未舗装路でも安定かつ、耐久性が求められる事で太めのタイヤが装備されています。

また、タイヤが太めという事は、クッション性も高くなり衝撃を吸収してくれるため、長く走行する場合でも疲れにくかったりします。

ランドナー自転車の特徴はキャリアの存在が大きい

ランドナー自転車にかぎらず、キャリアがついている自転車はそれなりにあります。このキャリアという物は自転車に取り付ける荷台のことです。

キャリアを取り付ける前提で作られているので、様々な用途のキャリアを取り付けれるようになっています。

そして、取り付けたキャリアに荷物を積むわけです。このキャリアをバッグを使ったり、ジョイントパーツを使ったり積み上げるパーツなどを駆使して旅に必要なあらゆる荷物をランドナーに積み込んで目的の場所までサイクリングで挑むというわけです。

ランドナー自転車は泥除けも特徴的

ランドナーは、悪路を走る事もありますので、どろや水除けがついています。これは、キャリアに乗せる荷物が汚れないようにするといったことなども泥除けがついている理由でもあります。

速度としてのスピードを求めるロードバイクとは目的が違いますので、この泥除けについては、ロードバイクとは大きく違いがはっきりしている箇所でもあります。

ランドナー自転車は急ぐ事よりも、その旅や旅路の為につくられている自転車なので、雨天時にドロや水の飛び散りからライダーや荷物などを守るために「泥除け (フェンダー)」がつけられています。

ランドナー自転車をできる限り高く売りたい場合

ランドナー自転車の高額買取の大事な要素は、まず本体や付属品などをキレイに掃除しておくことが大事です。
また、取り扱い説明書だったり、保証書などがあれば、しっかり用意しておくこと。

さらに、後から購入したオプション品や、交換したパーツの、交換前のパーツなども用意されてあると、高価買取の査定に繋がります。

ランドナーは、泥除けが特徴できてすが、この泥除けの裏側の汚れなどは意外と見過ごされやすいので、しっかり掃除メンテナンスをしておくことをおすすめします。

サビやタイヤがパンクしているなどは修理がおすすめ

ランドナー自転車は、悪路も走ることや、長距離を走る場合が多いので、どうしてもネジやナットの緩みが起きてしまう場合があります。

また、水たまりなども走る事から、ホイールやスポークなどが錆びたりすることもあります。

そういった時は、一度簡単に研磨剤などでキレイに磨いておく事をおすすめします。

あまり磨きすぎるのはだめですが、ちょっとした汚れや染みなどは簡単に汚れが取れたりしますので、メンテナンスをしてあげると、査定時に余計にマイナスになるポイントがなくなります。

結果的に高く買い取ってもらうという事にも繋がりますので、とにかくキレイにしてあげておくという事は意識しておいて損はありません。

また、どういった所へ買い取り依頼をするのかでも査定金額は変わります。

例えば 中古自転車 高価買取 吹田市 おすすめの自転車 高価買取サイトなどがありますのでこういったサイトもご覧いただければと思います。